犬と楽しむ大寒の甘酒と、甘糀の作り方

手作りごはん

昨日は「大寒」で、暦の上では1番寒い時期。

この時期のお水は、「寒の水」と言って特別に美味しいと言われているし、なんか縁起もいいらしい。

大寒の甘酒作り

うちは常に「甘糀」があるので、甘酒はたまにしか作らない。

甘糀:麹+水

甘酒:麹+白米(雑穀など)+水

甘酒は作り方も色々あるけど、炊飯器で作る方法が1番おいしくできます。

「寒の水」で作る甘酒だけど、水道水やとちょっと味気ないけど(笑。

甘酒は「飲む点滴」と言われていて、美容にも健康にも良いそうです。

それは犬にも同じで、最近は「犬用あまざけ」なんてのが普通に売られています。

老犬・子犬・病後や産後などに、おすすめです!通常の甘酒より低カロリーになってます。

うちは甘糀を漢方薬を飲ませるのにも活用、それに水を増やして簡易甘酒にしたりもするけど、味は「甘酒」として作ったものに比べたら雲泥の差だと思うけど(笑。

普通の甘酒の方がやっぱり、食いつきがちがいます。待てできないもんね・・・(・_・;

自分が飲むためなら、これが美味しかったです(*´꒳`*)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

甘酒 国菊 あまざけ 6本 985g 1ケース 篠崎 送料無料 900ml
価格:3945円(税込、送料無料) (2023/1/20時点)

炊飯器で6時間って、何もしないわりに手間がかかるんですよね。

出来上がったら、すぐにごはん炊くのも面倒なので作る時は、ごはんを炊かない日に限ります。

ちなみに、昨日の晩ご飯は「そばめし」で、大寒とは全く関係ない。

出来上がったら、炊飯器がまのままでブレンダーをかけてお米を粉砕します。

ずっとこのやり方でやっているけど、キズついたことはないです。

猫ボトルの方は、甘酒大好きな祖母にもお裾分け・・・というか、半分持ってかれます😅

きっと「大寒の水」で作ったの話をしても、興味ないだろうから、黙って渡しときました。

甘糀の作り方

うちの甘麹の作り方は、めっちゃ簡単です。

  • 麹 200g
  • 60℃のお湯 300ml

この2つを、混ぜてヨーグルトメーカーの甘酒モードにかけるだけ。

↑ほぼ洗い物なしで作れるから、ラク✨

 

 

出来たら、ブレンダーでお米を粉砕して完成。

ヨーグルトにかけたり、調味料代わりに使ったりしています(´∀`)

今週からまた寒くなるらしいので、甘酒に生姜を足して寒さを乗り切るぞー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました