慢性腎臓病3年、17歳老犬の1日のタイムスケジュール

病気と闘病記録

うちの最年長、17歳のすずは、今月で慢性腎臓病確定から満3年になります。

腎臓は回復をしない臓器なので、ここまで良くもった方だと思います。

ステージ3で、病院で定期検査だけしていて、輸液などはしていまいません。

腎臓病に合わした食事と生活で、なんとかやってこれた気がします。

ということで、すずばあちゃんの一日を見てみよう。

腎臓病ともに生きる老犬の1日

起床 6:30

すずの朝は、6:30から始まります。

冬は、湯たんぽか電気毛布を使って寒くないように調整します。

起きたら、体を伸ばしてストレッチしてから散歩へ行きます。

散歩は平日コースと休日コースに分け、どちらも40分くらい。足が悪いので、かなりゆっくりだけど、途中の大きめの坂も上がります。

朝ごはん 8:00

  • 冷凍ストックごはん
  • 旬のくだもの
  • サプリなど

ドックフードではないので、こんな感じです。

手作りだけになって2年半くらいでしょうか。

メインのごはんの前には、漢方薬と甘酒を混ぜたものを先に食べさせています

雑炊くらいの水分量で、スプーンで補佐をしながら食べさせてるので、たまにスプーンごとかじられたりします。

腎臓病の食事療法は水分摂取も大事な要素になります。

旬の果物は、毎日変えてて、柿とブルーベリーはあまり好きじゃないらしいです。

食事療法は、今度まとめておこう

トイレタイム 10:30

朝ごはんを食べたら、天気良かったら日向ぼっこしたり、休日だったら家族の朝ごはんをねだりに回ったり、朝寝したりして過ごします。

一度起こしてトイレタイムで庭に行きます。

腎臓病の在宅ケアとして、水分をたくさん飲ませていますので、トイレ回数は多いです。

トイレが済んだら、甘麹とくだものMIXを40℃くらいの温度で飲みます。

お昼ごはん 12:00

11:30ごろになったら、勝手に朝寝から起きてきてウロウロするので、お昼ごはんの前に、またトイレタイムに行きます。

  • 冷凍ストックごはん
  • すだち、れもん
  • 刀豆茶

お昼ごはんは、12:00ごろ。

週に2回、炭パウダーを混ぜてます。

おやつタイム 15:30

昼ごはんたべて、うろうろしたら、そのままお昼寝。

おやつの時間にも勝手に起きてくるけど、起きなかったときは16:00まで延長。

  • 甘麹+フルーツ
  • 焼き菓子など

甘麹とフルーツは、朝に作ったものを1日かけてジュースのようにして飲んでもらいます。

おやつは、毎日違うけど、焼き菓子の日が多い気がする。

晩ごはん 18:00

晩ごはんの前にまたトイレタイムに行きます。

  • 晩ごはん
  • リンゴ酢
  • カルシウム
  • サプリ(お腹系)

晩御飯は2食に分けて、最後は22:00くらいになります。

ご飯の作り方は体調に合わせて変えてきたけど、タイムスケジュールは、ほぼ変わらずです。

このスケジュールを守るには、家族の努力が絶対に必要で、長時間の外出できません。他にも色々あって、正直めっちゃきついです。たぶん、私だけなんだけど。

ほぼすべてに介助が必要になってきて、眼も悪いので室内迷子にもなってます(;’∀’)

体重も徐々に落ちてきて、身体は少し小さくなりました。

最期の日までこのままの調子が続いたらいいんだけどな。そのために、3年間頑張ってきたんだから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました