1月15日は小正月。わんこと一緒にぜんざい食べよ!

手作りごはん

明日は、小正月です。

満月を基準にした旧暦で、1年の始まりだったそうです。

1月1日は大正月っていうそうですよ。

小正月の伝統食で、無病息災を祈願

小正月の伝統といえば、「鏡開き」+「小豆」じゃないですか?

鏡開きは、地域差があるので15日じゃないところもありますが、我が家は「ぜんざい作る」のカテゴリーに一緒に分類されています。

いまは、【さとうの鏡もち】だから開くのも簡単になりました。

小正月に、なぜ【小豆】なの?

小豆は利尿作用があり、デトックス力の強い食材です。冬に弱くなる腎のサポートもしてくれます。

小豆の煮汁には、菌の繁殖を抑える効能もあるらしく、中国から渡ってきたときは、薬としての認識が強かったそうです。

その上、小豆の赤色は邪気を払うと言われているそうです。

邪気を払い、歳神さまからのお下がりをいただいて健康祈願しようって、昔の人は考えたのかもしれないね。

よく言われるのは、「ぜんざい」だけど、他のパターンもあるようなので、調べてみました。

小豆がゆ

15日の朝に食べることが多いそう。

お正月の疲れた胃腸を労わる朝ごはんで、今年の健康を願います。

団子、焼き餅

15日の伝統で「どんど焼き」というのがあります。

正月飾りなどの縁起物を燃やして、年神さまを見送るという行事で、神社やお寺で行われることが多いです。

その時の火で、団子をお餅を焼いたものが食べられます。

残念ながら、うちの氏神さんでは「どんど焼き」だけで、団子などを焼くことはありません。

せっかくなので、1度は食べてみたいなぁ。

わんこも食べれる【ぜんざい】を作ろう

せっかくなので、わんこも一緒に食べられるぜんざいを作ります(´∀`)

わんこが食べる時のポイントをまとめました。

  • あずきの皮が溶けるまで煮込む
  • 甘味は、甘麹orはちみつ
  • おもちは、おかきに変更

わんこにとって、豆類は消化しずらいものなので、人と同じ硬さでは消化不良を起こしちゃうかも。

我が家はホットクックの「あんこ」モードで、無糖あんこを作って冷凍してあります。

あんこを伸ばせば、ぜんざいになりますから、レンジでも簡単に出来ます。

犬に、おもちをあげてもいいの?

材料的にはOKなんですが、食感的にはアウトかも💦

喉に詰まってしまうおそれもあるので、おもちをあげるのはやめた方が良いです。

なので、我が家はお餅をレンジで簡単におかきにします。

おかきを作る方法

  1. お餅を1cm角くらいにカット
  2. クッキングペーパーを敷いた耐熱皿に、間を広めにとってのせる
  3. 600wで1分〜2分加熱する

分量によって加熱時間が変わるので、ちょうせいしてください。

すきまがないと、横のおもちとくっつきますが、大体取れるので、そんなに心配ないと思います。

簡単に作れるけど、ちょっと固くなってしまうので、おかきを砕いて、しばらく経ってからあげてください。

小豆はリンが高い食材なので、腎臓病の子は食べ過ぎにご注意を!

良かったら、作ってみてください(*´꒳`*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました